京都‐小野内商店 洋傘オーダーメイドtopへ 京都洋傘小野内商店TOPページへ

About Umbrella

傘の各名称と制作の手順をご紹介します
このHP上で何度も出てくる名前、どのパーツのことかよくわからない・・・
どんな風に傘が作られているのか知りたい・・・
そんな疑問に対し、下記で詳しくご紹介します。

長傘8間(骨数)を作る場合、1枚の布から傘地、ネーム、菊座、天紙、ろくろ、ダボ、など20パーツを裁断し、縫製・張りをして傘に形成するには約10工程以上を踏み完成させていきます。

 

傘の部分イラスト


生地をへり掛け(生地の切端を三巻)加工する
三巻

生地をパーツごとに裁断する

傘地を縫い合わせる

ネーム・ラップル(又は菊座)・天紙を作る

穴かがり(傘地の骨に通す穴部分の縫い)をする

露先を付ける
(折たたみ傘は付きません)

ネームを付ける

天紙とダボを付けて傘地を骨に張る
ダボ

中綴じ(傘地と骨を固定するための縫い)をする

ろくろを付ける
ロクロ

湯のしでしわを延ばし形を整える

ラップルを付ける
(雨傘の場合は菊座を付け陣笠を打つ)

手元を付け完成
完成傘イメージ

contact us        profile        privacy policy